こんなことにまで効く!葉酸

葉酸を飲むと双子が生まれやすいって本当?

葉酸を飲むと双子が生まれやすいという噂があるのをご存知ですか? 妊活中に葉酸を摂取すると、双子を妊娠する確率は本当に高くなります。
葉酸を摂取した人としなかった人を比べると、40%双子を妊娠する確率が高くなったという研究結果が出ているのです。

では何故、葉酸を摂っていると双子が生まれる確立が高くなるのでしょうか?
妊娠初期に葉酸をしっかり摂っていると、細胞分裂が活発に行われるので双子が生まれやすくなるのではないかといわれています。
葉酸には細胞分裂を助ける働きがあるので、このようなことが理由とされているのです。

この理由の他には、栄養がきちんととれている方は双子を妊娠しやすいといわれています。
葉酸を摂っていると、胎児の細胞分裂がきちんと行われますし、先天性の奇形のリスクも下げることができます。
このことからも、葉酸は妊娠期間中に必要不可欠な栄養であることがわかります。

葉酸を摂っているからといって、双子が生まれる可能性が飛躍的にアップするわけではありません。
もともと日本人は双子を妊娠する確率が1%ととても低いので、葉酸を摂って双子を妊娠する可能性は少しだけ高くなるという感じでしょうか。

ところで、双子を妊娠していることが分かったら、葉酸は二人分摂らなくてはいけないのでしょうか?
実は何人妊娠していても葉酸の摂取量は、一人分と変わりません。
妊婦さんは葉酸の一日の摂取量が毎日400μgといわれているので、この量を守るようにしましょう。

妊娠をすると、健康な赤ちゃんを生むことができるのか毎日心配ですよね。
そんな心配やストレスも、葉酸を摂ることで緩和されます。
葉酸は自律神経を整える作用があるので、不安を取り除いてくれるのです。

双子が欲しい方、双子に関わらず健康な赤ちゃんを授かりたい方は、ぜひ毎日葉酸を摂るようにしてくださいね!
葉酸の摂取量を守って、無理のない妊娠生活を送りましょう。

ページのトップへ戻る