こんなことにまで効く!葉酸

葉酸を飲むと基礎体温が上がる?

葉酸を飲むと基礎体温が上がるというのは本当でしょうか?
結論から申し上げると、葉酸を飲むと基礎体温が上がります。
基礎体温は代謝サイクルと密接な関係にあります。
代謝サイクルが悪い方は、血行も悪いのです。
葉酸は造血作用、血流アップ作用がある栄養。
葉酸を摂ることで、新鮮な血液を体全体に行き渡らせることができるのです。

血液の量が増えれば、代謝サイクルも活発になっていきます。
そして結果的に基礎体温が上がるということになるのです。

妊活中の方は基礎体温が気になりますよね。
葉酸は妊活中の方に摂っていただきたい栄養です。
葉酸を摂ると、先ほども述べたように血液が増えて血流がアップするので、子宮や卵巣への血液の巡りも良くなります。
そして基礎体温が上がると、体調が安定して妊娠しやすい体になれるのです。

体が冷えやすい方、何をしても体が冷たいという方は、ぜひ葉酸を摂るようにしてくださいね。
葉酸を摂る方法は、サプリがオススメです。

葉酸サプリを利用すれば、簡単に一日に必要な摂取量を摂ることができます。

葉酸サプリを摂っていれば基礎体温は上がりやすくなるのですが、普段の食事にも気をつけたいところですよね。
葉酸を多く含む食べ物は、レバー、ほうれん草、ブロッコリー、枝豆、モロヘイヤ、アスパラガス、いちご、マンゴーなどです。
これらの食べ物を、いつもの料理にプラスするだけでもいつもより多く葉酸を摂ることができます。

しかし、ここで一つ注意していただきたいことがあります。
それは調理法です。
葉酸は水溶性のビタミンで熱や水に弱いという性質があります。
ですから、調理をするときにはスープにして汁ごとすべて飲むか、レンジで加熱することがオススメです。

葉酸を摂ると血流がアップして基礎体温が上がるだけではなく、体の器官が正常に機能しやすくなります。
妊娠を希望する方もそうでない方も、葉酸の摂取をオススメします!

ページのトップへ戻る