こんなことにまで効く!葉酸

葉酸は流産防止に効果的

葉酸を摂ることで、流産を予防することができます。
流産は大きく三つの種類に分けることができます。
先天性奇形による流産、化学流産、けい留流産です。
それぞれの流産と葉酸の関係について、詳しく説明していきます。

まずは、先天性奇形による流産です。
妊娠初期(妊娠一ヶ月~三ヶ月)に胎児の脳や脊髄の成長が正常に行われないことで、障害が生じて流産につながることがあります。
ここでの障害とは、二分脊椎、無脳症、ダウン症などです。
無脳症の場合は、約80%が死産になり、残りは流産になってしまいます。
このような先天性奇形による流産は、葉酸を摂取することで防ぐことができます。
その理由は、葉酸を摂ることで正常に細胞分裂が行われるからです。

次は化学流産についてです。
化学流産とは着床したけど、しっかり定着せずに排出されてしまうこと。
こちらの流産を予防する際にも、葉酸が必要になります。
葉酸を摂ると子宮内膜が強化されます。
子宮内膜が強化されると受精卵をしっかりガードしてくれるのです。

最後は、けい留流産についてです。
けい留流産とは、未発達などで胎児が子宮内で亡くなること。
葉酸を摂ると血流がアップして胎児の成長をサポートすることができます。
胎児は血液から栄養や酸素を受け取るので、血流が良い環境というのは赤ちゃんにとってとても大事なことなのです。

このように葉酸は三つの流産のリスクを軽減させることができる、非常に大事な栄養といえます。
流産を防ぐために葉酸を摂ろうと思ったときに、オススメなのが葉酸サプリです。
葉酸サプリは毎日摂るものなので、成分にこだわったものを選ぶようにしましょう。

流産を経験したことがある方でも、葉酸の摂取は必要です。
それは流産の種類によっては葉酸を摂取することで、流産の原因を取り除くことができるからです。
葉酸を摂取するタイミングは、妊娠を考え始めたとき。
妊娠初期に胎児の大事な器官がつくられます。
流産を防ぐためにも、赤ちゃんの成長のためにも葉酸を摂りましょう。

ページのトップへ戻る